警察犬不足!訓練下も高齢化で育成をより求む

警察犬不足の問題

警察犬求む!日本国内中で問題になっているのは高齢化。しかしこの高齢化は人間だけの問題に止まらず使役犬、ワーキングドッグという警察犬にも及んでいるというニュースです。

警察犬不足の問題

警察犬不足の問題
実は高齢化が進む中問題となっている認知症や高齢者の行方不明数。
警察犬の仕事はいろいろあるのですが、中でもこの高齢者や認知症の人との係わり合いの深いのは、追跡をする警察犬なのです。

一般的にイメージとして強い警察犬というと、アタックドッグなどの攻撃的な犬たちがかっこよく写りますが、多くの県で出動要請の多いのはこの追跡犬。

警察犬出動件数

ニュースによると、2014年時点でのデータで、全国9,329件。
実は2005年から34%も増加しているというのですから、それだけ行方不明者の捜索手がかりを見つけるツールの1つとして嗅覚の鋭い犬たちは非常に重要なポジションなのです。

警察犬が減っている理由

一方、行方不明者が35%も増加しているのにもかかわらず、警察犬の数は2014年時点では、1,351頭。
過去10年で最も少なくなってきているのだそうです。行方不明者の捜索に追い付いていけないという理由の1つとして訓練士が減ってきているということや、ペットとして小型犬や猫ブームとなっていることなども要因のようです。

警察犬の訓練には時間やコストが掛かる

実際6月に警察犬協議会に見学に行ったのですが、警察の担当の方に伺ったところ、みんなベテランの訓練士&出場者ということを口にしていました。
よってその時見学に行った私たちは珍しい観客のため、即座に「●●さんですよね?」と警察の方から話しかけてくださった程だったのです。

本題に戻りますが、警察犬の訓練には時間もコストも忍耐も必要とします。
子犬から育てても、成犬から育成してもやはり犬によってトレーニングに掛かる時間もコストも異なりますので、やはり警察犬というカッコイイイメージとは大きく異なる現実問題の1つでもあります。

いくらドッグトレーニングをしていても、いざ本番の協議会で失敗もあります。全ての犬が警察犬になれる保証だってないのです。

雑種やうちの犬も警察犬になれる可能性は?

警察犬というとシェパードがよく活躍しているイメージがありますが、都道府県により扱いも異なってきます。

続いて:警察犬になるための種類や科目、何歳までできるのか?

使い方別犬用リードの選び方

使い方別犬用リードの選び方

犬を飼うということはあなたのペットになることと一般的には思いがちですが、犬たちは様々な用途で人間のお役に立つというお仕事をする犬も日本に限らず世界中で多くいます。そこで今後愛犬も介助犬、警察犬、狩猟犬など用途別での犬リードを選びそれらに合う躾をする方法も効率よくしていきたいものですね。

リードの基本

使い方別犬用リードの選び方今回はリードの違いや選び方についてご紹介します。

ペットショップなどでは、あらゆるデザイン素材、形のものが販売されていますが、特に大型犬となるとかわいいだけでリードを選ぶと、品質の問題で紐が切れたり、金具が壊れたりなど、散歩中に離れてしまった際に、事故に遭ったり、怪我をしたりなど飼い主への負担も大きくなります。

そこでどういったドッグリードを選ぶとよいか事前に知り、無駄買いを予防しましょう。

バックアップ(予備)用リード

プロの犬の訓練士さんらは犬のリードを2つは持っています。1つは常に犬の散歩などに使う用、もう一つは万一離れてしまった時のためのバックアップ用です。

バックアップ(予備)用のリードは、腰周りに付けておき、万一のために装備しているとう形です。さすがですよね。私達も真似て予備を付けて散歩などをしています。

犬にロングリードはなぜ必要?

水に強いバイオスィーン 犬リード
水に強い(Biothane)バイオセーン 犬のロングリード

ロングリードは色々な使い方ができます。例えば以下です。

  • 躾のために(遠隔操作などのトレーニングのため)
  • やや広い場所でも離さずに遊ばせることができる
  • 追跡用の訓練のため など

その他ロングリードの素材の選び方についても確認していきましょう。

革とアクリル、綿のロングリード、どちらを選ぶ?

ショートリードなら、特に離れる心配はないのですが、ロングリードの場合は、万一ロングリードがてから離れた際に、捕まえるのは長い紐です。

これらの長い紐を追いかけてキャッチするときに、革製品、アクリルや綿では大きな差が出ます。

アクリルや綿は素手で触ると摩擦で焼けるように熱くなり、皮が剥けたり軽いやけどのようになりやすいです。

大型犬や保護犬をしつけする時の心構え・身構え

しかし革のリードは摩擦で手が熱くはなりますが、アクリルなどの素材ほどではないといいます。
とはいっても、相当速い走りの犬の紐を捕まえなければいけない場合は、怪我を覚悟で追いかけなければいけませんが。

大型犬は特にしつけをする段階でも、しつけ中でも、いつ何が起こってもよいように常に気を張っておくと臨機応変に動けますし怪我も予防できます。

散歩用リード

ただ安いだけのリードはおすすめしません。これは先程も言いましたように、力の強い犬ですと壊れる可能性も高まります。また紐や金具が壊れた反動で飼い主のあなたが飛び、怪我をしやすいためです。

シェパードズィーナと大好きなBOSS

大型犬は革製品などの丈夫なリードを選ぶと長持ちしやすいです。
またより長持ちするように、革のお手入れも定期的に行うとよいです。または日本ではなかなか手に入りにくいものではありますが、防汚/防水性が高い特殊合皮素材(BioThane)(バイオセインまたはバイオセーン)のリードがおすすめです。

※上記写真はBiothane製の犬リードで3種類の方法で使うことができ便利です。

  • 水に強い(プール、川などでも濡れて重くなることはありません)
  • 革のように丈夫
  • 手入れは濡れ拭きでOK!
  • 何といっても汗や雨で濡れて臭くなることはない
  • 医療、馬具、米軍、アウトドアなどでも活用されている材質

Biothaneリード(散歩用リード / ロングリード10m

※小型犬などに良く見られるメジャー型の伸縮リードがありますが、万一伸縮リードのロック部分が壊れたらということを考えると、危険ですので購入する前に素材やメーカー情報を確認し安心できるようならばそれらを選ぶ方法もあります。

犬のリードは愛犬と飼い主を繋ぐ大切な紐。
10年長くて17、8年以上も長生きする犬たち。品質よく長持ちできるリードを選んであげたいですね。

獣医と本音トーク!犬用牛皮は体に歯に良い?

牛皮は犬の歯磨きにならない

犬の歯磨き効果やストレス解消に犬に犬用牛皮を与えているあなたに朗報です。実は犬用おやつには意外な情報が隠れていること早めに知っておきましょう。自宅で実験して試すこともできるのです。

犬も歯は命。

牛皮は犬の歯磨きにならない

暇をしてるなら、牛皮タイプの骨を与えたら暇防止に、そして歯磨きの代理としていいかもしれないと続けていましたが、獣医さんとお話をしていて色々な疑問や不安が出てきたのです。

牛皮は犬の歯磨きにならない

獣医の院長先生は、先代ホープが入院する頃からお世話になっていて、飼い主ケアから非常によくしてくれる頼もしい存在で、大型犬も個人的にも飼っている方です。

牛皮は歯磨き効果は無いよ。
即答でした。この牛皮の骨では犬歯しか磨かれない上に、犬歯の尖端部分が主に当たるため、全体的な犬の歯磨きには不向きなのだそう。

牛皮100%は本当?

ペットショップなどでよくある牛皮のカムカムするおやつがありますが、本当に100%安全か信頼できますか?実は獣医さん、意外な答えをくださったのです。

外で実験すること

外で実験すること

日本国内で販売されている牛皮といっても、ペット食品などの食品品質表示は人間ほど厳しくはないというのが現状で、「牛皮」だけと表示があっても実はそれだけではなっかったりするので注意をしたほうがいいというアドバイスをいただきました。

そして、心配ならその牛皮を外に1週間くらい放置してみて?
腐れば自然素材というのは本当で大丈夫だろうけど、形状がそのままで変わらない時は何かが入っていると思ったほうがいいよ。

獣医おすすめはコング

パズルみたいなコング↑これはデンタルコング
散歩中や外出時も使えるKONG
↑これはスタンダードタイプのコング
(ズィーナは赤KONGを引退し、極硬な黒XLコング

ただ牛皮は齧って喜ぶかもしれないですが、固いものなので、胃には優しいものではないためやはりコングがおすすめと言われました。

コングにピーナッツバターとかね。
それなら我が家のズィーナが大好きですし、ピーナッツバターを取るために一生懸命集中するので、安全性は高いですね。

こういったペット業界のおやつやドッグフードなど、今後も気をつけてまいりましょう。