アメリカでジャーマンシェパードがコロナ陽性後死亡

アメリカでジャーマンシェパードがコロナ陽性後死亡

アメリカで初めて新型コロナウイルスが陽性と判定された犬が3カ月間の闘病の末、7月11日に死んでしまったというニュースが入ってきました。

ジャーマンシェパードがコロナに感染

アメリカでジャーマンシェパードがコロナ陽性後死亡

米誌ナショナル・ジオグラフィックによると、死んだのはニューヨーク市スタテン島に住むロバートさんの飼い犬7歳のジャーマンシェパード「バディ」。

合併が原因?

シェパードのバディは飼い主のロバート・マホーニーさんから感染した可能性が高い。

また新型コロナの合併症で死んだのか、血液の癌というリンパ腫によって死んだのかは分かっていないというのです。

獣医難しい判断

治療には参加してはいないながらも医療記録を確認した獣医師2名は同誌に対して、バディは癌を患っていたのだろうということでした。

癌になっていたために新型コロナウイルスに感染しやすくなったのか、ウイルスによって具合が悪くなったのか、もしくは偶然にタイミングが一致してしまったなのかは分かっていないのです。

4月から体調が悪くなった犬バディ

バディが体調が悪くなったのは今年4月。飼い主のマホーニーさんは新型コロナウイルスが原因ではないかと疑ったが、コロナの検査を行う獣医師が見つかったのは5月中旬と時間が掛かってしまった模様。

人間でもコロナに感染してから検査まで大変ですが、ペットだとより検査機関を見つけるのも一苦労というのが現状なのです。

6月2日に米農務省がバディについて、アメリカで新型コロナ陽性と判定された初めての犬だと確認されていました。「呼吸器疾患の兆候を示したことを受け、検体が採取された」「完全回復するとみられている」と述べていたものの、その後もバディの体調は悪化し続けていたのです。

固まった血を吐いていた

ロバートさんの妻アリソン・マホーニーさんによると、バディは7月11日までには固まった血を吐いていたと教えてくれました。

アメリカでのペット感染数

アメリカの農務省によると、新型コロナ感染が確認された犬や猫は25匹。しかしアメリカでは感染者と一緒に暮らす動物の検査は義務ではなく、アメリカでは何匹のペットが感染しているのか、人間と同じく基礎疾患がある場合にリスクが高くなるのかは不明というのが現状のようです。

製薬会社ではワクチン臨床実験も終盤を迎えているとはいえど、まだ先が見えないコロナ問題。人間もペットもまだまだ我慢が必要です。

コロナに負けず頑張りましょう。

警察犬不足!訓練下も高齢化で育成をより求む

警察犬不足の問題

警察犬求む!日本国内中で問題になっているのは高齢化。しかしこの高齢化は人間だけの問題に止まらず使役犬、ワーキングドッグという警察犬にも及んでいるというニュースです。

警察犬不足の問題

警察犬不足の問題
実は高齢化が進む中問題となっている認知症や高齢者の行方不明数。
警察犬の仕事はいろいろあるのですが、中でもこの高齢者や認知症の人との係わり合いの深いのは、追跡をする警察犬なのです。

一般的にイメージとして強い警察犬というと、アタックドッグなどの攻撃的な犬たちがかっこよく写りますが、多くの県で出動要請の多いのはこの追跡犬。

警察犬出動件数

ニュースによると、2014年時点でのデータで、全国9,329件。
実は2005年から34%も増加しているというのですから、それだけ行方不明者の捜索手がかりを見つけるツールの1つとして嗅覚の鋭い犬たちは非常に重要なポジションなのです。

警察犬が減っている理由

一方、行方不明者が35%も増加しているのにもかかわらず、警察犬の数は2014年時点では、1,351頭。
過去10年で最も少なくなってきているのだそうです。行方不明者の捜索に追い付いていけないという理由の1つとして訓練士が減ってきているということや、ペットとして小型犬や猫ブームとなっていることなども要因のようです。

警察犬の訓練には時間やコストが掛かる

実際6月に警察犬協議会に見学に行ったのですが、警察の担当の方に伺ったところ、みんなベテランの訓練士&出場者ということを口にしていました。
よってその時見学に行った私たちは珍しい観客のため、即座に「●●さんですよね?」と警察の方から話しかけてくださった程だったのです。

本題に戻りますが、警察犬の訓練には時間もコストも忍耐も必要とします。
子犬から育てても、成犬から育成してもやはり犬によってトレーニングに掛かる時間もコストも異なりますので、やはり警察犬というカッコイイイメージとは大きく異なる現実問題の1つでもあります。

いくらドッグトレーニングをしていても、いざ本番の協議会で失敗もあります。全ての犬が警察犬になれる保証だってないのです。

雑種やうちの犬も警察犬になれる可能性は?

警察犬というとシェパードがよく活躍しているイメージがありますが、都道府県により扱いも異なってきます。

続いて:警察犬になるための種類や科目、何歳までできるのか?

警察犬K-9ユニットへ安全なゲージ寄付@ピッツバーグ

強く耐久性高い犬ゲージ

なぜ警察犬K-9へ新しい安全なゲージが寄付されたのか?ピッツバーグ警察犬に起こったある事件との関連性についてご紹介します。

✓ 米軍用・犬用アルミゲージはこちら

 

実業家からの寄付が強く耐久性高い犬ゲージ

強く耐久性高い犬ゲージ

ニュースによると、ロビンソンの実業家NOXONから$12,000寄付は今まで使用していたプラスチッククレートより強く耐久性のある強くて耐久性の高いゲージ(ケージ)を購入されるために使用されたのですが、なぜこんなにも多額な寄付がK-9にされたのでしょうか。

プラスチックゲージ(ケージ)のデメリット

プラスチックゲージ(ケージ)のデメリット

K-9ユニットを率いるマイケル・ラポート軍曹曰く、時間が経つにつれてプラスチックケージは、暑さや寒さから割れ(亀裂)が発生し破壊されることが多くあったということで、 今回の犬ケージは、アメリカ戦場で戦う軍用犬の使うものと同じものです。

戦場や現場でも利便性高い犬(ゲージ)ケージ

警察車両でスペースがないときは中型のスーツケース程度に折りたたむことができます。
また写真でわかるように、一般的に販売されているタイプよりもピッツバーグK-9サイズに対応するためにカスタムメイドされました。

同類の犬ゲージ(ケージ)詳細

警察犬K-9の安心感のために

これらの新しいケージ(ゲージ)は、心理的かつ犬の安心感があります。
「安全性」は輸送するための最良の方法だとラポート軍曹が重要なポイントとしてあげていました。

しかし気になるのは、なぜK-9への寄付があったのか。
実は深い意味があったのです。

K-9ロッコファンド

K-9ロッコファンド

2014年1月28日ピッツバーグ警察署にてロッコ(8歳オス)という警察犬がとある事件現場に出動していました。
その際逃亡中の犯人と揉み合いになっていた警官を助けようと立ち向かいながらも、犯人に刺され腎臓と背骨に重症を負い、2日後に亡くなってしまうという悲劇的背景があったのです。

そこでNOXON氏が、ピッツバーグK-9メモリアル財団を通じ$5,000の寄付を発表したのでした。
実はロッコファンドは警察犬ロッコが刺されたという致命的な事件が起こった後$121,700.55が集まりました。

警察犬K-9防弾アーマーベスト

またロッコファンドを利用し、2015年12月には13個のK-9ユニット用カスタムメイドボディーアーマーベストも購入したのだそうです。
二度と同じ悲劇が起きないために、私たち人間を守り、また悪人を大事する素晴らしいK-9ユニットのための安心安全を高めるためのストーリーでした。

補足&K-9豆知識

またロッコK-9へ犯人が刺した刑罰は重く、たとえ犬とはいえど警察犬。警察の一員への危害殺害をしたという処罰はそう簡単に許されるものではありません。
K-9部隊に5年勤務した勇敢なロッコ、ご冥福をお祈りします。お空でホープと出会ってのんびり日向ぼっこや散歩をしていますように。

✓ 米軍用・犬用アルミゲージはこちら

強い。犬クレートおすすめ12の理由