警察犬不足!訓練下も高齢化で育成をより求む

警察犬不足の問題

警察犬求む!日本国内中で問題になっているのは高齢化。しかしこの高齢化は人間だけの問題に止まらず使役犬、ワーキングドッグという警察犬にも及んでいるというニュースです。

警察犬不足の問題

警察犬不足の問題
実は高齢化が進む中問題となっている認知症や高齢者の行方不明数。
警察犬の仕事はいろいろあるのですが、中でもこの高齢者や認知症の人との係わり合いの深いのは、追跡をする警察犬なのです。

一般的にイメージとして強い警察犬というと、アタックドッグなどの攻撃的な犬たちがかっこよく写りますが、多くの県で出動要請の多いのはこの追跡犬。

警察犬出動件数

ニュースによると、2014年時点でのデータで、全国9,329件。
実は2005年から34%も増加しているというのですから、それだけ行方不明者の捜索手がかりを見つけるツールの1つとして嗅覚の鋭い犬たちは非常に重要なポジションなのです。

警察犬が減っている理由

一方、行方不明者が35%も増加しているのにもかかわらず、警察犬の数は2014年時点では、1,351頭。
過去10年で最も少なくなってきているのだそうです。行方不明者の捜索に追い付いていけないという理由の1つとして訓練士が減ってきているということや、ペットとして小型犬や猫ブームとなっていることなども要因のようです。

警察犬の訓練には時間やコストが掛かる

実際6月に警察犬協議会に見学に行ったのですが、警察の担当の方に伺ったところ、みんなベテランの訓練士&出場者ということを口にしていました。
よってその時見学に行った私たちは珍しい観客のため、即座に「●●さんですよね?」と警察の方から話しかけてくださった程だったのです。

本題に戻りますが、警察犬の訓練には時間もコストも忍耐も必要とします。
子犬から育てても、成犬から育成してもやはり犬によってトレーニングに掛かる時間もコストも異なりますので、やはり警察犬というカッコイイイメージとは大きく異なる現実問題の1つでもあります。

いくらドッグトレーニングをしていても、いざ本番の協議会で失敗もあります。全ての犬が警察犬になれる保証だってないのです。

雑種やうちの犬も警察犬になれる可能性は?

警察犬というとシェパードがよく活躍しているイメージがありますが、都道府県により扱いも異なってきます。

続いて:警察犬になるための種類や科目、何歳までできるのか?

警察犬K-9ユニットへ安全なゲージ寄付@ピッツバーグ

強く耐久性高い犬ゲージ

なぜ警察犬K-9へ新しい安全なゲージが寄付されたのか?ピッツバーグ警察犬に起こったある事件との関連性についてご紹介します。

✓ 米軍用・犬用アルミゲージはこちら

 

実業家からの寄付が強く耐久性高い犬ゲージ

強く耐久性高い犬ゲージ

ニュースによると、ロビンソンの実業家NOXONから$12,000寄付は今まで使用していたプラスチッククレートより強く耐久性のある強くて耐久性の高いゲージ(ケージ)を購入されるために使用されたのですが、なぜこんなにも多額な寄付がK-9にされたのでしょうか。

プラスチックゲージ(ケージ)のデメリット

プラスチックゲージ(ケージ)のデメリット

K-9ユニットを率いるマイケル・ラポート軍曹曰く、時間が経つにつれてプラスチックケージは、暑さや寒さから割れ(亀裂)が発生し破壊されることが多くあったということで、 今回の犬ケージは、アメリカ戦場で戦う軍用犬の使うものと同じものです。

戦場や現場でも利便性高い犬(ゲージ)ケージ

警察車両でスペースがないときは中型のスーツケース程度に折りたたむことができます。
また写真でわかるように、一般的に販売されているタイプよりもピッツバーグK-9サイズに対応するためにカスタムメイドされました。

同類の犬ゲージ(ケージ)詳細

警察犬K-9の安心感のために

これらの新しいケージ(ゲージ)は、心理的かつ犬の安心感があります。
「安全性」は輸送するための最良の方法だとラポート軍曹が重要なポイントとしてあげていました。

しかし気になるのは、なぜK-9への寄付があったのか。
実は深い意味があったのです。

K-9ロッコファンド

K-9ロッコファンド

2014年1月28日ピッツバーグ警察署にてロッコ(8歳オス)という警察犬がとある事件現場に出動していました。
その際逃亡中の犯人と揉み合いになっていた警官を助けようと立ち向かいながらも、犯人に刺され腎臓と背骨に重症を負い、2日後に亡くなってしまうという悲劇的背景があったのです。

そこでNOXON氏が、ピッツバーグK-9メモリアル財団を通じ$5,000の寄付を発表したのでした。
実はロッコファンドは警察犬ロッコが刺されたという致命的な事件が起こった後$121,700.55が集まりました。

警察犬K-9防弾アーマーベスト

またロッコファンドを利用し、2015年12月には13個のK-9ユニット用カスタムメイドボディーアーマーベストも購入したのだそうです。
二度と同じ悲劇が起きないために、私たち人間を守り、また悪人を大事する素晴らしいK-9ユニットのための安心安全を高めるためのストーリーでした。

補足&K-9豆知識

またロッコK-9へ犯人が刺した刑罰は重く、たとえ犬とはいえど警察犬。警察の一員への危害殺害をしたという処罰はそう簡単に許されるものではありません。
K-9部隊に5年勤務した勇敢なロッコ、ご冥福をお祈りします。お空でホープと出会ってのんびり日向ぼっこや散歩をしていますように。

✓ 米軍用・犬用アルミゲージはこちら

強い。犬クレートおすすめ12の理由

プロも愛用犬アルミケージが人気な理由

米軍用犬愛用。アルミ製で頑丈!強い!

警察犬や使役犬などが愛用するアルミケージ、なぜバリケンではだめなのでしょうか?専門家であるプロたちがアルミゲージを選ぶ理由とは?

警察犬K-9はアルミケージ

プラスチックバリケンなどが悪いということではありません。

ただ破壊されてしまっては、買い替えにも予算を新たに費やさなければいけなくなる上に、現場をフィールドとしている警察犬や軍用犬たちがプラスチックケージ内で暴れて齧って壊した際に怪我をしてはつかいものにもなりません。 そうならないように休息する小屋である犬ケージの環境を整えてあげるということも犬のためでもあり、ハンドラーの役目でもあるでしょう。

米軍用犬愛用。アルミ製で頑丈!強い!

✓ 犬用アルミケージはこちら

犬ケージの耐久性

アメリカの軍用犬や警察K-9らが愛用しているというこのアルミケージですが、以前もお話したように、同じものを積み重ねることもできますし、大人が2,3人乗っても壊れるということはありません。

犬アルミケージとプラスチックケージの利便性

丈夫!頑丈なアルミクレート愛犬大型犬シェパードのズィーナも愛用するこのケージは、折りたたみ式なので、非常に便利です。強い。犬クレートおすすめ12の理由

移動する際も大きな形状のまま運ぶのは非常に大変ですが、折畳んでしまえば楽に、好みの場所に移動ができます。
ハンドルがついているので、やや大きなバッグのような感じです。

✓ 犬用アルミケージはこちら

犬アルミケージと海外飛行

犬アルミゲージと海外飛行

我が家のシェパードのアルミケージを購入する際に聞いた話ですが、同じ犬用アルミケージでフランスからアメリカまでマリノアの犬を輸送してもなんら問題はなかったということでした。

✓ アルミケージはこちら

丈夫で安全な犬アルミケージ。犬を仕事として扱う人達も理解をした上で、この犬ケージを選んでいるということでしょう。

プロも愛用犬アルミゲージが人気な理由
こういった使役犬などのワーキングドッグたちが愛用する犬ケージ。
いつでもどこでも犬たちが安全に移動して休息できるように、こうした環境づくりはプロたちも認める犬ケージを選びたいですね。

米海兵隊ジャーマンシェパードルカへメダル授与

Gシェパードルカの栄誉

生きていた!米海兵隊ジャーマンシェパードのルカ(Lucca)の素晴らしい成績を称えイギリスからメダルのプレゼントがあったのはなぜ?というニュースを入手しました。

Gシェパードルカの栄誉

Gシェパードルカの栄誉
現在は引退となってしまいましたが、ジャーマンシェパードのルカ(ルッカ)はチームのために自分のミッションをやりぬいた素晴らしいワーキンドッグの一匹。 爆弾の音がした時は、ルカが死んでしまったと思ったほどだったといいます。(画像元:london24.com
彼女は生きて、そしてチームのモチベーションを高めてくれたという勇敢なメス犬ルカの大ニュースとは一体どういった内容なのかご紹介しましょう。

400以上のミッションを守りきった軍用犬

イラクやアフガニスタンの地で6年間400以上の爆発装置ミッションを怪我人なしでこなした優秀な犬ルカ(Lucca)。
しかし2012年3月に悲劇が起こってしまったのでした。

いつものように、チームと共にミッションをこなすべく、軍人たちよりも先に場所をチェックし、爆発装置を確認。
このミッションは問題なく解決したが、それらの先も確認するために先へ進んだところ爆弾が仕掛けられていて、その爆弾を踏んでしまったルカ。

悲劇の事故からの力

悲劇の事故からの力

爆発音などがあまりにも大きかったため、ハンドラーはダメかと思いつつもルカを抱きかかえ直ちに止血処理を行い彼女をケアしたことが幸いだったのか 救急ヘリでドイツなどで手術をし、左前足を切断したものの命には別状はないというジャーマンシェパードLucca.

立ち上がり歩き出す

立ち上がり歩き出す

手術後10日後には立ち上がって3本足で歩行を始めたというルカ。
早く仕事がしたかったのに違いありませんが、本当にシェパードの生命力と責任感は凄いなと関心させられます。

しかし3本足では戦場に復帰もできないため、カリフォルニアに送られ新たにトレーナーの下で引退後はリハビリをしつつ余生を楽しんでいるとか。

ルッカ引退後も元気な姿12歳、そして3本足とは思えないほどのパワフルな遊び方・・・
ルカちゃんも我が家のズィーナと同じ赤いコングがお好きなご様子。

なぜイギリスからメダルの授与?

なぜイギリスからメダルの授与?

今回話題になっているメダルの話しですが、なぜアメリカからではなくイギリス?と思ったのは私だけではないでしょう。
実はイギリスの動物ケアチャリティー団体からの栄誉を称えるメダルのプレゼントだったというのです。(イギリスの愛護団体PDSAから軍隊犬にとっては最高の栄誉とされるディキン勲章を授与されたルッカ。米海兵隊の犬が同勲章を受章するのは初めてというのですからおめでとう!)
アメリカは何もしてくれないの?と薄情な感じがするかもしれませんが、Luccaの手術代などは全てアメリカ政府からのものだそうなので少し安心ですね。

Luccaは12歳。犬のおもちゃKONGを追いかける激しいポーズ(笑)これだけの元気なパワーを見ていると、ホープを思い出したり、ズィーナの今があんな感じなので・・・きっとズィーナもいつまでもパワフルなのだろうなというイメージが浮かびます^^;

【関連情報】

愛犬心(動物愛護)の力

ハンドラーがルカを急いで救急ヘリで運んでいなかったら、助からなかった命。
ルカの忠実性と責任感への感謝とハンドラーの優しさ、引退後も元気そうな人生が送れるという軍用犬に乾杯!というストーリーでした。

世界が感謝。仏爆弾警察犬自爆テロ犠牲と栄誉

フランスの自爆テロで5人の警察官の命を救った警察犬ディーゼルが、今世界の注目の的となる感動のストーリー。たとえ犬でも人間のために今まで積み重ねてきたミッションを最期までこなした警察犬ディーゼルなのです。

フランスの女性自爆テロ攻撃

警察犬ディーゼル(Diesel)

フランスパリ北部サンドニ市で18日午前4時25分頃に、パリ連続多発テロの首謀者とされる「イスラム国(IS)」のメンバー、アブデルハミド・アバウド容疑者を含む武装グループの潜伏するアパートを包囲したニュース、まだ記憶に新しいニュースの1つだと思いますが、自爆テロの犯行者の女性が自爆したものの5人の警察官の命を守った素晴らしい警察犬ディーゼル。 この子はフランス国民だけでなく、世界中の愛犬家の心を深く関心を寄せているのです。

 【関連記事】米海兵隊ジャーマンシェパードルカへメダル授与

警察犬ディーゼル(Diesel)

ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアのディーゼルは、警察犬エリート集団Research, Assistance, Intervention and Deterrence(RAID)unitの一員として活躍していた犬。
オスの名前ながら7歳でメス、爆弾探知犬として勇敢にテロリストと戦った犬、常に一緒にそして7年もの間連れ添ってきた訓練士かつハンドラーとして非常に辛い別れだと感じます。

イスラム教と犬

仏爆弾警察犬自爆テロ犠牲と栄誉

イスラム教徒の人たちは犬や豚は汚いものという文化が多く残っているので、今回の爆弾探知犬ディーゼルが自爆テロの女性を発見した際、そういった理由があってか驚いて警察犬ディーゼルと共に爆破したのではという報道などもあります。

過酷な訓練にも耐えたディーゼル、女性が自爆ベストを爆発させた際に被害にあったのが警察犬だけだったというものではありましたが、命を懸けて任務をやりきったディーゼル。天国で美味しいものが沢山待っているよ。そういった書き込みなどもネット上で見られた警察犬勇敢ストーリーの1ページとなったフランスの警察犬ニュースでした。

犬のしつけ13項目。飼う前に飼い主が知っておくべきこと

犬のしつけ13項目

子犬のうちはかわいいからと思うのですが、後々手が終えない、いう事を聞かないといって飼えなくなって保健所へ処分したり、捨ててしまう身勝手な人が多くいます。これ以上不幸な犬たちを増やさないために、まずあなたや家族が知っておくべきことを動画と一緒に学んでいきましょう。

もっと読む