外犬も安心!温かく冬対策する方法

犬は外で飼うものとして、昔から代々世界中で飼われてきましたが、たかが犬されど犬、特に冬の犬舎は冷たいものですので、犬の関節にも心にもよいものではありません。

犬の冬の悩み

外犬も安心!温かく冬対策する方法

犬は冬にも強いと思われがちですが、年をとる毎に人間同様関節にも影響が出てきてしまいます。特に大型犬でもジャーマンシェパードなどは元々足腰が弱りやすいという特徴があるので、冬は特に温めてあげることで、関節炎など悪化させないためにもよい方法です。

鉄やアルミのケージや犬舎

やはり冬に鉄などの金属の犬舎ですと、冷えもより感じやすいのでストレスを抱えやすくなるため、精神面でも犬の長生きのために飼い主さんは工夫をしてあげましょう。
そこで冬でも手軽に外犬でも安心できる環境を整えてあげたいあなたへのポイントやグッズをご紹介いたします。

外気から守る

鉄柵では、風もまともに受けるためカバーを掛けてあげることもおすすめです。

安心できる寝床を作ってあげる

冬も安心できる寝床を作ってあげる

柔らかいベッドなどで背中もしっかり温めて心地よいお布団を作って上げましょう。合わせて定期的に洗って衛生面を保つことも大切です。
雪国など寒さが厳しい環境ベッドだけでは足りない場合は、ペットヒーター別のタイプも湯たんぽを与えてあげる方法などもあります。ただやけどをしないように、バスタオルなどでくるんであげると安心です。
アメリカなどの寒い地域では、犬用のヒーター付きマットなどを使用するとこともあります。

移動時も温かく

車の移動の際でも、アルミケージや犬舎で移動の際も、暖かいマットや毛布、ペットヒーターなどで冷たくないよう、心と身体にストレスのかからないようにしてあげましょう。この方法はアメリカの警察犬の出動前などの移動の際は、こういった方法で犬の仕事に差し支えがないように、移動中、待機時の心地よい環境を整えることも重要視されているのです。
犬も家族。少しでも元気で長生きできるように、冬もストレスフリーな環境を整えてあげましょう。

幼い頃から犬と一緒の環境で育つ。独立後、1代目シェパードホープからレスキュー施設より里親として迎え、2代目ズィーナは殺処分寸前に保護しゼロからしつけ開始。性格が正反対の犬の行動や心理を日々研究中。同時にしつけながら実体験したこと、感じたことを書き留めています。

返事を書く