吸引力がすごい!ペット用に大活躍掃除機MIELEレビュー

どうして毛が取れない?大型犬や小型の多頭犬飼いをしていると、カーペットについた毛が掃除機で吸わず困ったことはありませんか?やっと出会えた今までにない吸引力が凄いペット用に大活躍掃除機MIELE掃除機について実際に購入し体感した結果をまとめています。

 

CMであるサイクロン掃除機はどうなのか?

紙パックなしでサイクロン掃除機システムがすごい!とPRも上手な掃除機もありますが、実際に店頭で置かれているものを試してみましたが、一般的な掃除機と威力はそこまで変わらないと感じました。

デザイン性もCMの説明力やインパクト力はレベルは高いと思いますが、犬や猫の毛をカーペットからしっかり取り除くかといったら、あの手の平に吸い付いたパワーからは、即買というものでもありません。(買い替えで迷っている方はぜひ体感するとよいでしょう。)

紙パックなし掃除機 VS 紙パックあり掃除機(キャニスター掃除機)

先日とある情報サイトで掃除機の専門家があらゆる掃除機を使った感想を述べていましたが、やはり紙パックのある掃除機の方が吸引力があるのだそう。そこで買い替えに選んだのがこちら↓

miele-vacuum

ミーレ キャニスター掃除機 CompactC2 レーシンググリーン詳細

紙パックなし掃除機 VS 紙パックあり掃除機

上記のミーレの掃除機内を見ると、一般的な掃除機と比べ紙パックに奥行きがあり容量もたっぷり。

一方下の写真、青い掃除機は一般的な紙パック入りの掃除機ですが、すぐに紙パックがいっぱいになる上に吸引力はそこまで凄いというものではありません。
一般的な掃除機は小さい

日本メーカーと海外メーカー掃除機

日本のメーカーはコンパクトで音も静かなものも多くありますが、海外メーカーはガッチリとしたボディーで音もなかなか大きい印象もありました。しかしドイツ生まれのミーレは「耳のマーク」へダイヤルを切り替えると「静かモード」で運転することもできますので、夜にどうしても掃除がしたい時でも安心感があります。

フロアダストピックアップ率他社比較

では以下の棒グラフを見てみましょう。いかがでしょうか?

Image Courtesy of Miele.

今回出会ったのはドイツメーカーの掃除機で、全く聞いたこともありませんでしたが、上記で話した掃除機の専門家も吸引力でお墨付きのブランドだった為、リサーチ後早速購入したというわけなのです。

Image courtesy of Miele

室内外ペットの毛と掃除機の悩み

今まで5,6年も使い続けた紙パックなしの掃除機はパナソニック製のスリムなタイプの掃除機でしたが、紙パックがない分上部についたダストBOXを取り外して、吸いとったゴミを捨てればいいのですが、何度も使うとフィルターにホコリ等がたまり吸引力も今まで以上に弱くて手でカーペットの毛を取り除いたりする方がストレスも時間も軽減できるような感じでしたが、コンプレッサー等でフィルターを取り外したり、掃除機のヘッドの絡まったゴミや髪の毛などが詰まって回転しにくい掃除機と戦うのも疲れます。

3 コメント

    • たまちゃん兄弟さん、コメントありがとうございます。今でもしっかりとごみを吸引してくれて助かっています。掃除機の紙パックもだいぶ長持ちできる点でも安心感が違います。

  1. ダイソンは昔はよかったのですが、今は使えない。なぜでしょう。
    吸引力が値段にしては弱い上にノズル等のパーツも使いにくいです。

    きっとお客さんはほとんど保証を使わないから儲かっているのかもしれないけれど、消費者としては使えるものが必要なので6万程度もして満足できないので返品しました。
    フィルターも使うほど詰まるし、長いこと掃除もできにくいし。。。ダイソンは本当にマーケティングが上手なのねと思います。ミーレという会社は聞いたことがなかったので半信半疑でしたが、掃除機の容量も大きくそして紙パックやフィルターの力は圧巻でした。

    普通の掃除機は犬の毛を吸い込んでいると空気が臭いですが、ミーレってすごいんですね。臭いがキレイって嘘かと思ったら本当でした。
    地元の電化製品屋さんだと昔は色々商品説明もしてくれたものですが、大型電機屋さんは知識が幅広くても専門性に欠ける人もいるし、その点インターネットはこうして具体的なデータまで教えてもらえるので、参考になりました。
    ちわわ達も私たちも清潔を保てる電化製品はとても助かります。

返事を書く