アルミ犬ケージおすすめ12の理由

犬ケージ (犬 ゲージ) のおすすめ?旅行や災害時も安心できますか?どれもプラスチック製で同じでしょう?しかし我が家の犬のケージは一味も二味も違うので脱出も破壊も防ぐことができるのです。それはなぜか?

犬用アルミケージはこちら

夏も冬も強くて快適な愛犬のアルミケージ

一般的な犬バリケンや犬ケージは壊れる

一般的な犬バリケンや犬ケージは壊れる

この写真は世界的に愛犬がケージなどを破壊しているという事例の1つです。

犬のケージ噛み癖はありませんか?

大型犬ズィーナがやってきて、プラスチックのケージではもたないと思った発端は、いたずらからでした。
先代ジャーマンシェパードのホープの愛用していたプラスチックケージの角を暇な時に齧り始まったのです。この写真まで激しく壊してはいませんが、プラスチックだけでなく、犬たちが破壊してしまう行為、これはただ事ではありません!!

また保護してきた犬のため、精神的ストレスが仔犬からずっと同じ飼い主から育てられた子ととは異なりますので、色々考えた末に今の頑丈なケージ購入をしたということです。
愛用者(犬)の意見からアルミ製犬ケージのおすすめ理由をご紹介させていただきます。

1.米軍用犬愛用。アルミ製で頑丈!強い!

米軍用犬愛用。アルミ製で頑丈!強い!

犬用アルミケージはこちら

アルミ製と聞くと、薄く柔らかなイメージがあるかもしれませんが、とんでもありません。
適度な厚みとしっかりとした作りで、安心感も異なります。
またドアがステンレスでできているペットショップなどで販売されているバリケン、ケージなどと違い、ドアも窓もアルミ板で構成されているので齧ってもよっぽどのことが無い限り壊れないのです。

(関連記事)警察犬K-9ユニットへより安全なケージ寄付@ピッツバーグ

そして上記写真の様にアメリカの軍用犬やK-9も耐久性などの優れた点を評価して、プラスチック製ではなくこの我が家でも愛用している犬ケージと同じもの(警察犬K-9愛用の犬ケージ詳細情報を使っているというのですから、安心感も違います。

    • (↓次ページでは、ここまで小さくなる!XLやLサイズで大きいのにコンパクトになるのか?について)

2.犬ケージは組立式で便利

犬クレートは組立式で便利


アルミケージ でも金属製ステンレスの犬ケージが販売されていますが、組立式でコンパクトになるタイプでこのお値段は他にはないのではないでしょうか?
順番を押さえれば女性でも一人で組立ができますし、私も一人で組み立てたり、コンパクト化させたりできるのです。

3.アルミケージは掃除が簡単

アルミクレートは掃除が簡単

この犬ケージはとても掃除が楽で助かっています。
プラスチックの犬のケージですと、イライラした犬が床面などを引っかいたり齧ると、表面がざらついたり傷がついて怪我をする原因にもなりますが、このアルミの犬ケージですとちょっとやそっとでは傷はつきません。 またタンやグレーの色の加工をしていますが、ペイントが剥がれないパウダー安全加工で、飼い主にも犬にも優しい作りなのです。
お水をこぼしても、ササッと拭いてあげればよいだけです。

過去記事:警察犬K-9に人気ケージは掃除が楽々

4.水飲みもできる

ケージのドアに水飲みのボトルを取り付けることができます。
よって移動中も万一飛行機で犬だけになっても水分補給ができるので、安心です。

5.夏は涼しく冬は暖かくできる

夏はひんやり(ちょっとしたブランケットがあると安心です)、冬は床にふわふわマットなどを引いてあげることができるので四季関係なく安心して過ごすことができます。(夏も冬も強くて快適な愛犬のアルミケージ

6.バリケンにはないセキュリティ力。ドアロックも頑丈できている

バリケンにはないセキュリティ力。ドアロックも頑丈できている

犬用アルミゲージはこちら

我が家の愛犬ズィーナが愛用するこのケージは、3箇所の鍵があるので安心です。
錠が1箇所だけでは万一外れた時に大変ですが、予備で2つ上下に設定されていることで、移動中や前足で開けて欲しいと要求した時など大きな音がなることがありますが、3つ全てのドアの錠をロックすればこういった状況でも音も静かになります。
これらのお陰で残念ながら、犬は脱出はできません。

それからアルミケージの類似品は沢山あります。
デザインは似ていても違いはドアに1箇所だけの鍵があるのみですので移動中や犬が前足で開けようとするとドアがガタガタ音がなる為うるさいのが問題点のようですので類似品にはご注意ください。

(▼飛行機にも積める?次ページへ続く▼)

1
2
幼い頃から犬と一緒の環境で育つ。独立後、1代目シェパードホープからレスキュー施設より里親として迎え、2代目ズィーナは殺処分寸前に保護しゼロからしつけ開始。性格が正反対の犬の行動や心理を日々研究中。同時にしつけながら実体験したこと、感じたことを書き留めています。

返事を書く