米海兵隊ジャーマンシェパードルカへメダル授与

Gシェパードルカの栄誉

生きていた!米海兵隊ジャーマンシェパードのルカ(Lucca)の素晴らしい成績を称えイギリスからメダルのプレゼントがあったのはなぜ?というニュースを入手しました。

Gシェパードルカの栄誉

Gシェパードルカの栄誉
現在は引退となってしまいましたが、ジャーマンシェパードのルカ(ルッカ)はチームのために自分のミッションをやりぬいた素晴らしいワーキンドッグの一匹。 爆弾の音がした時は、ルカが死んでしまったと思ったほどだったといいます。(画像元:london24.com
彼女は生きて、そしてチームのモチベーションを高めてくれたという勇敢なメス犬ルカの大ニュースとは一体どういった内容なのかご紹介しましょう。

400以上のミッションを守りきった軍用犬

イラクやアフガニスタンの地で6年間400以上の爆発装置ミッションを怪我人なしでこなした優秀な犬ルカ(Lucca)。
しかし2012年3月に悲劇が起こってしまったのでした。

いつものように、チームと共にミッションをこなすべく、軍人たちよりも先に場所をチェックし、爆発装置を確認。
このミッションは問題なく解決したが、それらの先も確認するために先へ進んだところ爆弾が仕掛けられていて、その爆弾を踏んでしまったルカ。

悲劇の事故からの力

悲劇の事故からの力

爆発音などがあまりにも大きかったため、ハンドラーはダメかと思いつつもルカを抱きかかえ直ちに止血処理を行い彼女をケアしたことが幸いだったのか 救急ヘリでドイツなどで手術をし、左前足を切断したものの命には別状はないというジャーマンシェパードLucca.

立ち上がり歩き出す

立ち上がり歩き出す

手術後10日後には立ち上がって3本足で歩行を始めたというルカ。
早く仕事がしたかったのに違いありませんが、本当にシェパードの生命力と責任感は凄いなと関心させられます。

しかし3本足では戦場に復帰もできないため、カリフォルニアに送られ新たにトレーナーの下で引退後はリハビリをしつつ余生を楽しんでいるとか。

ルッカ引退後も元気な姿12歳、そして3本足とは思えないほどのパワフルな遊び方・・・
ルカちゃんも我が家のズィーナと同じ赤いコングがお好きなご様子。

なぜイギリスからメダルの授与?

なぜイギリスからメダルの授与?

今回話題になっているメダルの話しですが、なぜアメリカからではなくイギリス?と思ったのは私だけではないでしょう。
実はイギリスの動物ケアチャリティー団体からの栄誉を称えるメダルのプレゼントだったというのです。(イギリスの愛護団体PDSAから軍隊犬にとっては最高の栄誉とされるディキン勲章を授与されたルッカ。米海兵隊の犬が同勲章を受章するのは初めてというのですからおめでとう!)
アメリカは何もしてくれないの?と薄情な感じがするかもしれませんが、Luccaの手術代などは全てアメリカ政府からのものだそうなので少し安心ですね。

Luccaは12歳。犬のおもちゃKONGを追いかける激しいポーズ(笑)これだけの元気なパワーを見ていると、ホープを思い出したり、ズィーナの今があんな感じなので・・・きっとズィーナもいつまでもパワフルなのだろうなというイメージが浮かびます^^;

【関連情報】

愛犬心(動物愛護)の力

ハンドラーがルカを急いで救急ヘリで運んでいなかったら、助からなかった命。
ルカの忠実性と責任感への感謝とハンドラーの優しさ、引退後も元気そうな人生が送れるという軍用犬に乾杯!というストーリーでした。

世界が感謝。仏爆弾警察犬自爆テロ犠牲と栄誉

フランスの自爆テロで5人の警察官の命を救った警察犬ディーゼルが、今世界の注目の的となる感動のストーリー。たとえ犬でも人間のために今まで積み重ねてきたミッションを最期までこなした警察犬ディーゼルなのです。

フランスの女性自爆テロ攻撃

警察犬ディーゼル(Diesel)

フランスパリ北部サンドニ市で18日午前4時25分頃に、パリ連続多発テロの首謀者とされる「イスラム国(IS)」のメンバー、アブデルハミド・アバウド容疑者を含む武装グループの潜伏するアパートを包囲したニュース、まだ記憶に新しいニュースの1つだと思いますが、自爆テロの犯行者の女性が自爆したものの5人の警察官の命を守った素晴らしい警察犬ディーゼル。 この子はフランス国民だけでなく、世界中の愛犬家の心を深く関心を寄せているのです。

 【関連記事】米海兵隊ジャーマンシェパードルカへメダル授与

警察犬ディーゼル(Diesel)

ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアのディーゼルは、警察犬エリート集団Research, Assistance, Intervention and Deterrence(RAID)unitの一員として活躍していた犬。
オスの名前ながら7歳でメス、爆弾探知犬として勇敢にテロリストと戦った犬、常に一緒にそして7年もの間連れ添ってきた訓練士かつハンドラーとして非常に辛い別れだと感じます。

イスラム教と犬

仏爆弾警察犬自爆テロ犠牲と栄誉

イスラム教徒の人たちは犬や豚は汚いものという文化が多く残っているので、今回の爆弾探知犬ディーゼルが自爆テロの女性を発見した際、そういった理由があってか驚いて警察犬ディーゼルと共に爆破したのではという報道などもあります。

過酷な訓練にも耐えたディーゼル、女性が自爆ベストを爆発させた際に被害にあったのが警察犬だけだったというものではありましたが、命を懸けて任務をやりきったディーゼル。天国で美味しいものが沢山待っているよ。そういった書き込みなどもネット上で見られた警察犬勇敢ストーリーの1ページとなったフランスの警察犬ニュースでした。

6秒で亡きママの悲しみが伝わるハスキー動画

6秒で亡きママの悲しみが伝わるハスキー動画

先日海外サイトからやってきたとっても悲しいハスキーの悲しみ動画。ハンカチがほしくなるほど、梅雨の季節に、辛い心が広がるようです。

お墓の前で泣くハスキー犬

6秒で亡きママの悲しみが伝わるハスキー動画

たった6秒なのに、この悲しみが伝わるって何でしょう。
愛犬家なら、この動画を見るだけで自分の犬が更に愛おしく感じるはず。

我が家のホープも同じことをしてくれるかしら。なんて。
愛情たっぷり注いでいたのでしょう。

あなたの愛犬にも今すぐにでもハグしたくなる。
ハスキーちゃんと家族愛の感動が伝わる動画です。

【関連情報】

ハチ公の映画をみた時を思い出しました・・・。

犬猫殺処分ゼロ2020年政府計画はどうなる

犬猫殺処分ゼロ2020年政府計画はどうなる

6/3環境省が発表した犬猫殺処分ゼロ2020年政府計画について実情と共に考えていきたいことが山ほどあります。

犬猫の命と日本の現状

犬猫殺処分ゼロ2020年政府計画はどうなる年間16万頭の殺処分という数字は決して少ないものではありません。 我が家のシェパードホープもあと少しで動物指導センターにて殺処分されるところだったということを聞かされています。 本当に可愛そうな想いを体験したと思います。 それでも人間を慕ってくれる犬猫たち。 心がとても痛いです。(情報参照元:ヤフー

マイクロチップの義務化

これは多くの人が願っているのではないでしょうか。中にはマイクロチップなんてかわいそうなんて思う人もいるかもしれませんが、 現状年間で16万頭の尊い命が無残にも失われている以上、無責任の飼い主や悪徳ペットショップや販売者の教育強化として進めていくことは悪いことではないと私は考えます。 皆さんはどう思いますか?

政府でマイクロチップ義務化をすることで、少しでもマナーの悪い業者や飼い主を減らせるのならば、大変なことではないはず。 マイクロチップをすることで責任感をより増してもらえるようになればいいのですが、もちろんそれだけが捨てられる理由だけとは思いません。

血統賞付きの犬も処分

シェパードや秋田犬、ラブラドール、ハスキーなど大型犬も多く捨てられている、保健所へ送られているのはメディア、TV、映画などの影響も少なくありません。 また子犬がかわいい。それだけで飼う人も多くあるからこそ、大きくなってから手に負えず捨てるなんて勝手過ぎます。

飼い主としての責任

  • 犬はどのような犬種でも、性格が違うので過去に飼っていた犬と一概に比較はできない
  • 飼う前に、その犬の特徴、大きさ、年間費用、起きやすい病気、飼いかたなどを家族全員が知り、学び、実践すること
  • 最後まで面倒を見ること
  • 良い、悪いのしつけをすること ・檻に入れたままで酷い飼い方をしないこと

犬猫法案政府への願い

完璧な飼い主になれとは言いませんが、少なくとも大切な家族の一員として、最後まで責任を持って飼う飼い主さんが増えるよう国をあげて政策が義務強化できる法案などが立てられることを更に願います。

ホームレス犬病気でも諦めない

ホームレス犬病気でも諦めない

あなたならどうしますか?先日動画で皮膚病で痛々しい捨て犬(ホームレス犬)をレスキューしている動画を見ました。ぜひこちらを見ていただきたいのです。

かわいそう。だけの考えではない

ホームレス犬病気でも諦めない犬猫ボランティアさんたちに対して、色々な意見もありますが、元々飼われていた犬たちがこうなった背景には大概人間が関係していることが多いのにも関わらず、
それでも人間を信頼してくれる犬たち。

飼う前にできること

飼う前に家族全員が犬の特徴を知ることで、「子犬がかわいい」という見た目だけの良さには惹かれにくくなると思うのですがどうでしょうか。

  • ペットショップで一目ぼれ
  • しつけができなくて放置
  • 言うことをきかないから凶暴化
  • 捨てる

何年経っても変わらない現実。本当に辛いものです。

ボランティア精神力の高さ

足も首元も、お腹の辺りも毛がなくなっていた犬。まだ若いメス犬のような子。
ボランティア団体の寄付を求める活動の一部としての動画ですが、ペット、可愛いというだけの上辺だけで動物たちを見ている人にはぜひこういった裏で大変な努力をしている人たちの状況も知っていただきたいのです。

動画が現実を見せてくれる

犬のケア安心ブランドを使っている

ホームレス犬レスキューの際に、(シャンプーだったかと思いますが)
犬の外耳炎や耳掃除で愛用中のあのメーカーを使っていたシーンがあり、更に安心感が増しました。
高い安いだけでは選べないのも、敏感な犬たちの皮膚だからこそ。

ホープもあと少しで処分されるところをレスキューされた大切な命。

希望=ホープ

更ににホープを更に愛おしく感じます。

【関連情報】

★これから犬を飼う方、大型犬を考えている、シェパードを考えている方へ
ただカッコイイというだけではないことを綴っていますので参考になれれば幸いです。