トイレシート不要!犬用手作りトイレDIY【第一弾】

犬を室内で飼うとどうしても必須となるのがトイレシート。トイレシートを毎回買うと出費もバカになりません。そんな時手軽に手作りの犬のトイレが作れます。ではメリットデメリットなども合わせて確認していきましょう。

犬のトイレしつけの必要性とは


犬もいつでも用足しができるので安心です。またするべき場所で排尿などができることは清潔感を保つ意味でも衛生的ですが、

何よりも重要なのは飼い主が外出中でも犬が排便排尿ができることは膀胱炎予防にもなりますので、犬が生きる上で水分補給や排出は健康維持として大切なことだといえます。

トイレのしつけの効果

(犬のトイレ作成【第2弾】Version 2.0)

まず犬を室内飼いしている場合は、するべき場所でおしっこやうんちができることは上記であげたように、部屋の衛生面や犬の健康維持にもつながります。また使用する犬のトイレにもよりますが、愛犬の排尿や排便の状態をいち早く確認することもできる点で重要な役割だとも考えます。

外で犬を飼う場合でも、庭のあちらこちらに排尿などをされると我が家だけでなく隣近所にも悪臭として迷惑を掛ける可能性もあるので犬を飼う上でトイレのしつけとして早期からトイレトレーニングをすることは重要でしょう。

トイレシートのメリット、デメリット

犬が早食いするとよくない理由

犬に限らず室内犬は必ずと言っていいほどペットシートは毎日欠かせない消耗品ですが、出費も無駄にはならないものです。

メリット

  • ペットシーツの上で排尿をしてくれれば、片付けは簡単。
  • 緊急時にあると吸収性があるため助かる

デメリット

  • ペットシーツは意外とお金が掛かる。
  • 色の付いたものだと血尿があった場合わかりにくい
  • ペットシーツをガリガリするとシート内のケミカルが出てきてしまい万一誤飲したら怖い
  • ペットシーツをガリガリするとゴミの片付けが散らばってしまうため大変
  • 大型犬はトイレシーツの大判でもあっという間に取り換えが必要で大変

トイレトレーニングの仕方

まず子犬でも成犬になってからでも根気が必要です。
どういった犬種でもいろいろな性格があるため、兄弟でもそうでなくてもほぼ完璧にできる犬もいれば、覚えがやや遅い犬もいる、人間と同じ個体差があることをわかってあげること、そして忍耐力が必要です。

室内トイレしつけトレーニングをするべき犬、犬の簡易トイレを使わなくていい犬

今回ペットシートを使わない自作の犬用トイレを作ったものについて紹介しますが、具体的にどういった犬があるとよいかどうかを確認しましょう。

室内トイレトレーニングをするべき犬

室内犬は必須でしょう。子犬のうちから訓練をしておくと楽です。また外で飼っている犬でも外出時飼い主のコマンド(指示)で排尿排便ができると移動時犬も飼い主の私たちにとっても非常に安心です。

またトイレトレーニング中若干場所を外し粗相をしても叱り過ぎないことです。合わせて場所を失敗して大分時間が経過してから叱っても犬は忘れてしまっているので意味はないこともお忘れなく。(犬の知能は人間の3歳程度だと言われています。)

返事を書く