トイレシート不要!犬用手作りトイレDIY【第一弾】

トイレのしつけで根気が必要な理由

直ぐに出来ると思い込まないことです。
トイレはトイレ用のコマンドをすると更に効果的です。

例えば

  • おしっこ、おしっこ、おしっこ
  • ワンツー、ワンツー、ワンツー
  • ピーピー、ピーピー、(英語で排尿)
  • プープー、プープー、(英語で排便(poo))

こういった指示をしながら、トイレトレーニングをすると、これらのコマンドを言われたらトイレの時間だなと覚えさせるのです。

トイレしつけご褒美を与える

よくできたらご褒美を与えてあげましょう。
ご褒美をもらえるから、おしっこをしよう!そういった条件を与える方法もあります。
(ご褒美はおやつでなくても、大好きなおもちゃという条件もありです)

犬のトイレ作成【第2弾】

トイレトレーニングをしなくてよい犬

持病か病気などでおむつをしていなければいけない犬以外は散歩前、散歩中、室内でのトイレトレーニングをしておいたほうが何かと安心です。我慢させすぎると腎臓や膀胱にもよいとはいえません。

トイレトレーニング中に食糞をしてしまったら?

子犬の時、子犬自身または親犬が子犬の排便を食べるのは本能的なこともありますが、里親として保護した犬で食糞をする犬もいます。

あれ?うんちが切れている。
そういったことがあって、全部の排便ではなく一部だけ食べることもあります。

食糞の原因追求をすること

何でもかんでも叱らないであげてください。犬のストレスの関係や栄養の関係など様々な理由があるため、食べてしまうということがあります。(過去記事:犬の食糞原因)

トイレシートに頼らない生活

犬を飼うと必ずトイレシートを買わなければいけないということでもありません。ではどのような工夫をすると日々の生活で安心でしょうか?

外出前のトイレ指示をする

何度か書きましたが、飼い主の指示(コマンド)でおしっこやうんちができることは理想です。これは犬の健康のためでもあり、いつもと違う場所で緊張してしまっていても指示があればトイレをしなければいけないのだという頭になるからです。

その上家庭犬や警察犬などの試験に出場する際に、試験中におしっこなどをすると減点対象になるので、こういったトイレのしつけはしておくべきでしょう。

余計な食事を与えない

またトイレトレーニング以前に特に外出が多い場合は、常に心がけたいですが特に外出する前の日からいつもと違う食事や余計にドライフードを与えない。

gsdhope.com instagram banner

必要以上のおやつを与えない

主食同様必要以上のおやつも与えないことです。長時間留守にする際、一匹または他の犬と留守番する際は、ストレスで不安なになる犬もいます。お腹も本調子ではなくなってしまうこともあるため(犬の下痢)、食事コントロールもおすすめです。

健康維持のための食事ケア一覧

日頃からの健康維持や管理のために食の健康から排尿排便との関係も重要と考えます。

良質なドッグフード選び

日頃からの栄養管理として欠かせないのは良質なドッグフード選びです。
我が家の犬は代々カークランドのドッグフードですが、現在は中でも大粒サイズサーモンが原材料のドッグフードで体調も落ち着いています。以前にも書きましたが原材料チェックも重要です。獣医師推奨という言葉だけに惑わされないように注意しましょう。(理由:獣医師推奨マークがあっても原材料の一番目にコーンなどがある場合もあるため)
(↓最後のページ:食べてもいい野菜?生肉?)

コメントする